トップ > 若者UPプロジェクトとは?

本プロジェクトの概要

ITスキル講習ともともと参加団体が提供しているサービスを組み合わせてでみなさんをサポートします。
本プロジェクトは、子ども・若者を支援するNPO団体とパートナーシップを組み、従来の支援にITの活用を加えることによって、進路選択・仕事選択の幅を広げることを目指して実施しています。
本プロジェクトでは、NPO団体のスタッフをIT 講師として養成し、また、ポータルサイトを通じてITスキル講習のテキストなどのコンテンツを公開し、子ども・若者支援団体の情報交換のためのコミュニテイを形成していきます。 本プロジェクトは、政府や自治体の施策と連携しており、他のNPO団体や企業と連携を拡げながら実施しています。

プロジェクト実施体制

プロジェクト実施体制

本プロジェクトの内容

  • テキスト開発

    マイクロソフトの最新テクノロジを活用して、ビジネスに必要なITスキルを学べる、本プロジェクト専用のオリジナルテキストを開発。開発したテキストは各地の支援現場で活用できるよう日本マイクロソフトのサイトより公開。
  • 講師養成

    子ども・若者を支援するNPO団体のスタッフを対象に、マイクロソフト認定トレーナー養成コースを実施。マイクロソフトの提供する世界共通の認定トレーナー資格(Microsoft Certified Trainer: MCT)の取得要件にもなっているカリキュラムを学ぶことで、質の高い講座の提供を実現。
  • ITスキル認定資格取得サポート

    各参加NPO団体において、認定カリキュラムを学んだトレーナーによる質の高い講習を実施。また、修了した受講生が「マイクロソフト オフィススペシャリスト(MOS:Microsoft Office Specialist)」を取得するためのサポートを実施。
  • ITスキル講習の実施/
    支援サービスの提供

    各参加NPO団体の「支援者」が講師となることで、安心してITスキル講習に参加できるだけでなく、さまざまな支援セミナーも実施。「IT講習+各種支援サービス」で、自立をサポートします。
  • 若者UPプロジェクトとは?
  • 事務局について
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護
  • クラウディア・窓辺タイピングゲーム